心臓リハビリテーション指導士兼看護師の「もやもや解消」

心臓リハビリテーション指導士、心リハ指導士の試験対策や過去問、講習会や参考本、勉強方法について記載しています。また、看護師として臨床で抱いた疑問や知識を新人さんにも分かりやすく記載しています。SEO対策を施しておらず、検索上位に表示されないため私の記事が気に入ればブックマークをお願いします。

心臓リハビリテーション指導士(心リハ指導士)試験 過去問 心理学分野②

こんばんは、

バレンタインは貰いましたか?

今年も義理チョコ・・・

お返しは何を考えていますか?

3倍返しですよってよく言われますねよw

スポンサーサイト
 
 
困ったときは、ネットでぽちっと大量購入に限りますね。

それでは、本題に入ります。

今回も、心理学分野より問題を出題したいと思います。


問題①
以下のA~Eにおいて,認知行動療法の技法に関する記述として,適切なものはどれか

A.認知行動療法には,ゲシュタルト療法がある

B.認知行動療法には,クライエント中心療法がある

C.認知行動療法には,理性感情行動療法がある

D.認知行動療法には,催眠療法がある

E.認知行動療法には,精神分析療法がある


スポンサーサイト



正解・・・C


解説

認知行動療法には

①思考中断法(Thought-Stopping Technique)

認知療法(Cognitive Therapy)

③理性感情行動療法(Rational-Emotive Behavior Therapy:REBT)

④認知再構成療法(Cognitive RestructuringTherapy)

⑤不安管理訓練(Anxiety Management Training;AMT)

⑥ストレス免疫療法(Stress InocUlationTraining)

等の療法がある。

認知行動療法と行動療法の違いについて、問題を出されることが多いので注意して下さいね。

Aのゲシュタルト療法は,パールズ(Perls, F.S.,1942)が創始心理療法の一種で,ゲシュタルト心理学を応用した療法

Bのクライエント中心療法はロジャース(Rogers, C.R.,1951)により創始された非指示的心理療法と呼ばれている

Dの催眠療法は,18世紀後半メスメル(Mesmer, F.A.)の動物磁気療法によって始まり,催眠を用いる心理療法の一種である



問題②
以下のA~Eにおいて,カウンセリングの基本的技法に関する記述として,適切なものはどれか

A.明確化とは,患者の現在の状態に対して,情緒的な承認あるいは強化を与えることである

B.支持とは,クライエントが薄々気づいているけれども,まだはっきりとは意識化していないとこ
  ろを先取りして,これを言語化(意識化)することである

C.繰り返しとは,患者にもっと具体的に問題を説明してもらいたい場合に,ある話題の後に引き続
  いて治療者が水を向ける技法である.この場合t「はい」「いいえ」では答えられない「開かれた            質問」を用いる
  
D.受容とは,患者の話をうなずきながら聴き,批判的でなく許容的な雰囲気をつくることである

E.リードとは,患者の話したポイントをつかまえて,それを患者に投げ返すことであり,患者の自
  問自答を促進することになる




正解・・・D


解説

 カウンセリングの基本的技法には

受容:相手の話をうなずきながら聴くこと.批判的でなく許容的な雰囲気をつくること

支持:傾聴するだけでは十分ではない.「それはそうだ」・「よく今まで我慢できましたね」という気
持ちを表現すること

繰り返し:クライエントの話したポイントをつかまえて,それを相手に投げ返すことで.クライエントの自己理解を促進させること

明確化:クライエントが薄々気づいているけれども,まだはっきりとは意識化していないとところを先取りして,これを言語化(意識化)すること

質問(リード):カウンセリングでは質問することをリードともいい,クライエントに治療者との一体感や共感性を与えるとともに,単に必要な情報を入手するためだけに行われるのではなく.質問自体が援助になるようなやりとりのこと




問題③
以下のA~Eにおいて,心理テストに関する記述として,適切なものはどれか.
A.エゴグラムは,交流分析の理論に基づいた心理テストである

B.MMPIは,精神疾患を有する患者の認知障害の検:査である

C.SDSは,不安を,普段のいつもの状態での不安感と,たった一この瞬間での不安感とに分け,
  各20断ずつ合計40問で判定する

D.CES-Dは,外向性一内向性の程度と神経症的傾向を測定するものである
E.STAIは,12の人格因子に関する10項目ずつ計120問の質問から構成されている性格検査であ    る



正解・・・A




解説

心理テストでは、多種類の質問用紙がありそれぞれ、どの分野(うつ病や不安)に特化しているか知っておく必要性があります。

講習会でも説明はありますが、事前の知識が重要でした。

正直、MMPI=何か、SDS=何かっていうのは覚え難かったです。

しかし、出題者も優しい方で、過去問や講習会で既出の言葉しか見かけませんでした。

よって

MMPI=
ネソタ多面人格目録のこと 550の質問項目 心気症抑うつ,ヒステリーなど10の臨床尺
度で測定する人格検査

SDS=
うつ性自己評価尺度(SDS;Self-ratingDepression Scal

CES-D=
うつ病(酬うつ状態)自己評価尺度(Center for Epidemiologic Studies Depression Scale:CES

STAI=
状態・特性不安検査(State-Trait Anxiety Inventory)のことで.状態不安,特性不安それぞれ20項目ずつで測定する尺度

過去問に出題されている尺度等ぐらいは押さえておいて、万が一知らない用語が試験で出題されたら・・・・まぁ覚えられるspecがある方は覚えたらどうでしょうか。

私は、覚えきれませんでした。


心理学は、過去問を解きまくる+講習会で説明していた項目を覚えておく程度で乗り越えました!!


CPXの事がわからなければ、この本で勉強してくださいね~

スポンサーサイト


それでは、心リハ指導士合格を目指して頑張って下さい!!