心臓リハビリテーション指導士兼看護師の「もやもや解消」

心臓リハビリテーション指導士、心リハ指導士の試験対策や過去問、講習会や参考本、勉強方法について記載しています。また、看護師として臨床で抱いた疑問や知識を新人さんにも分かりやすく記載しています。SEO対策を施しておらず、検索上位に表示されないため私の記事が気に入ればブックマークをお願いします。

指導士試験認定試験準拠P278-297 心臓リハビリテーション指導士(心リハ) 講習会で説明された内容

お疲れ様です。

2017年も半年が過ぎましたね。

みなさんは、年初めにどんな目標を立てましたか?
私は、ブログを完成させることですww

前回に引き続き栄養学についてです。
栄養学については、丸暗記範囲になるため、試験の直前に見直しても良いかもしれません。

Pは、指導士試験認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携 のページを表しています。




参考書が手元にない方は、↓↓↓のサイトに参考書の手に入れ方を書いています!!

 

 

指導士認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携 買い方
心臓リハビリテーション必携―指導士資格認定試験準拠

心臓リハビリテーション必携―指導士資格認定試験準拠

  • 作者: 日本心臓リハビリテ-ション学会
  • 出版社/メーカー: 日本心臓リハビリテ-ション学会
  • 発売日: 2011/08
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 
P:278 高血圧の食事療法

・果物を積極的にとる(カリウム摂取)
・塩分制限 高血圧の場合6g/day未満
  予防:男性9g/day 女性7g/day←講習会で7.5gで修正されていました。
  今年度の講習会で再確認お願いします。
コレステロール飽和脂肪酸の摂取を控える
・魚(魚油の積極的摂取)
・節酒:エタノール換算 男性20-30ml/day 女性10-20ml/day
※Mg300mg/day 摂取目標 ←講習会で追記されていました。

P278 糖尿病の食事療法
・適正エネルギー量の食事:標準体重(kg)×身体活動量(kcal/kg標準体重)
※身体活動量:
軽労作25-30kcal/kg
普通の労作30-35kcal/kg
重い労作35kcal~

※重要※
P279 図25 食品交換表


表1~表6までの食材等の内容は覚えておきましょう。

講習会、試験で出ている項目

問1:チーズはどの分類に属されるでしょうか?


回答→表3


問2:ピーナッツ、豚バラ、ベーコンはどの分類に属されるか?

回答→表5

食品交換表
80kcal=1単位
同じ表の食品とは交換できるが、違う表の食品とは交換できないという原則。

表1:穀物、イモ類
表2:果物
表3;魚、肉、卵、大豆製品
表4;乳製品
表5:油系 脂質を含む
表6:野菜類

私が貼付した図を参照に覚えられれば良いですね。

ひっかけ問題としては、アボカドが表5 森のバターと呼ばれるだけありますね。脂質!!

※食品交換表※

80kcal1単位

 

P280 脂質異常症の食事療法

 

脂質異常症では段階的に食事療法を進める事が推奨されている。第一段階の食事療法を3か月行っても血清脂質が目標値とならない場合は第2段階へ進む

 

★第一段階

 

・獣鳥肉よりも、魚、大豆たんぱく質を多く取る

 

・植物性、魚類性脂質を多くする。

 

コレステロール300mg/day以下

 

・食物繊維25g/day以上

 

・アルコールを控える25g/day以下

 

・ビタミンやポリフェノールが多い野菜・果物などの食品を多くとる

 

★第二段階

 

・高LDL血症(高コレステロール血症)

 

・脂質制限の強化:脂肪エネルギー比を20%以下

 

コレステロール制限;200mg/day以下

 

 

・高TG血症

 

アルコール:禁酒

 

炭水化物由来のエネルギーを総摂取エネルギーの50%以下

 

単糖類:可能な限り制限

 

・高カイロミクロン血症の場合

 

脂肪の制限15%以下


 
 脂肪酸ぼ分類です。
飽和脂肪酸不飽和脂肪酸
不飽和脂肪酸の再は、一価不飽和脂肪酸なのか、多価不飽和脂肪酸か。はたまた、n-3系?n-6系?

この飽和脂肪酸について、講習会で説明されています。参考書には載っていないかと記憶しているので注意です。
 
P:280 肥満症の食事療法
・適正エネルギー量の食事
25≦BMI<30 標準体重×25kcal
BMI≧30   標準体重×20kcal
・脂質は、20g/day以上摂取し、必須脂肪酸を確保
 
P283 喫煙の有害性
 
試験にブリクスマン

喫煙が人体に与える影響は、それまでに吸い込んだたばこの煙の総量と密接に関係します。
総量を割り出すには、
a…1日当たりの平均喫煙量(本数)
b…喫煙をしていた年数
の双方を考慮する必要があります。
ふかすだけなのか、肺まで深く吸い込むかなど、さまざまな条件の違いはありますが、吸入量の目安としては一般に、aとbをかけ合わせた喫煙指数(ブリンクマン指数)が用いられます。
例えば、1日1箱(20本)のペースで、20年吸い続けた場合の喫煙指数は、
20(本)×20(年)=400


400以上は、肺がんのリスク上がる。

P290~297 過去問心理学のページを参照してください。
 ①心理学 過去問①   ←クリックすればページに移動します。
 ②心理学 過去問②

心理学は説明し難いです。
過去問から同じ問題が出がちです。


 
facebook 心臓リハビリテーション指導士交流サイトを作成してみました。

ブログを更新した際は、facebookも更新して行きたいと思います。

私の励みになるので、

良ければ、シェアや応援クリックをお願いします。
 
スポンサーサイト

 

国循 心臓リハビリテーション実践マニュアル

国循 心臓リハビリテーション実践マニュアル