おしどり夫婦T&A

心リハ指導士試験の情報や補助人工心臓管理技術認定士資格合格について詳しく記載しています。私生活では、子育て、資産運用、旅、コストコの有益な情報を公開しています。

【イギリス旅行体験記】ブリティッシュエアウェイズ 機内食やアメニティーの充実具合は半端ない!?

こんにちは、T&Aです。2018年ウィンブルドンWimbledonを観戦するためにイギリスBritishへ旅行tripしてきました。

ウィンブルドンセンターコートで試合をみた時の感動はいまでも忘れられません!!


f:id:cannondalecaddblog:20190331021248j:image

一人でも多くの方にウィンブルドンWimbledonで観戦して欲しいために記載しています。

私達は、英語を話すのもままならないため、かなり下調べをしていきました。

英語が話せる方ならば苦労することは少ないかもしれませんが、不安なことが多いですよね!このブログでは、イギリスBritishへ旅行を計画しているへ少しでも参考になればと思い記載しています。

 

第1回 イギリスまでのフライト時間、ブリティッシュエアウェイズの機内食やアメニティーは充実しているの?

 

 フライト時間

日本からイギリスまでのフライト時間は、直行便で12時間です。

時差

時差は、-9時間です。

計算方法

日本経度135度 ロンドン経度0度 経度15度で時差1時間です。

例:日本時間4月10日9時の場合、イギリスの時刻は4月10日0時です。

飛行機に乗った際の計算方法

4月10日9時、到着時刻日本時間は4月10日21時です。

そこから、時差分を引いて、イギリス到着は4月10日昼12時となります。

ブリティッシュエアェイズについて

現在、成田空港、関西国際空港からヒースロー空港へ直行便が出ています。

2019年4月から関西国際空港からイギリス直行便が発表されていますね!!

イギリスへ行くためには、ヒースロー空港が唯一の窓口となります。ちなみち、JALANABritish aiawaysの共同運航となってます。

フライトのご予約、ホリデー、オンライン・チェックイン | ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)

私達がフライトで乗ったのはブリティッシュエアウェイズの飛行機でした。


f:id:cannondalecaddblog:20190419223451j:image


f:id:cannondalecaddblog:20190419230723j:image

ブリティッシュエアウェイズの快適さ

【座席の広さは?】

エコノミー座席の広さは


f:id:cannondalecaddblog:20190419224014j:image

一般的な広さですね!広くもなく狭くもなく。

 

【アメニティー

12時間飛行機に乗るわけですのでアメニティーは重要ですよね!

ピロー


f:id:cannondalecaddblog:20190419224048j:image

高さを調節できました。

クッション
f:id:cannondalecaddblog:20190419224121j:image

腰に入れることで、腰痛予防になります。

ブランケット

機内は寒いので、頼むこともできます。

 

携帯の充電は出来るの?
f:id:cannondalecaddblog:20190419224302j:image

ブリティッシュエアウェイズ座席の画面にはUSBポートもあります。携帯の充電も出来て安心ですね!しかし、電圧は高くありませんでした。

飛行機に乗った際は、スチュワーデスの方がが安全の取り扱いをしてくれますよね?

今回は、


f:id:cannondalecaddblog:20190419224607j:image

ハリー・ポッター ダンブルドア


f:id:cannondalecaddblog:20190419224642j:image

ミスタービーン

豪華俳優が多数出演し、説明してくれました。

これで、万が一のことがあっても安全に脱出できそうです。

 

映画の種類!

日本語対応は、20種類ぐらいでした。

写真を撮ったはずですが、、

私は、キングスマン ゴールデンサークル、デッドプール、メイズランナーをみて過ごしました。

 

デッドプール (字幕版)
 
ブリティッシュエアウェイズ 機内食

フライト中に大切なのは、食事ですね!

夕食は、ビーフorチキン

f:id:cannondalecaddblog:20190419230805j:image


f:id:cannondalecaddblog:20190419230821j:image

ビーフ


f:id:cannondalecaddblog:20190419230904j:image

チキン

f:id:cannondalecaddblog:20190419231005j:image

ビール(タイガー) 原産地 シンガポール🇸🇬

海外の雰囲気出てきますね!しかし、イギリス🇬🇧ビールではありません。


f:id:cannondalecaddblog:20190419231242j:image

朝食
f:id:cannondalecaddblog:20190419231303j:image

朝食 それほど美味しくはなかったです(笑)

私は、紅茶も頂きました。

 

朝食後に無事にヒースロー空港へ到着です。

ようこそヒースロー空港


f:id:cannondalecaddblog:20190419232502j:image


f:id:cannondalecaddblog:20190419232124j:image

ちなみに、ターミナル5に到着です。 


f:id:cannondalecaddblog:20190419232657j:image

ターミナル5から入国審査を受けるためにメインターミナルへ電車で向かいます。


f:id:cannondalecaddblog:20190419232744j:image

NEXT trainが表示されている方に列車が来ます。
f:id:cannondalecaddblog:20190419232758j:image

まずは、入国手続きを行います。

f:id:cannondalecaddblog:20190419232915j:image

日本人は、NON EU PASSPORTS に並びましょう。

少し悩みました。EU PASSPORTSって!?


f:id:cannondalecaddblog:20190419232952j:image


f:id:cannondalecaddblog:20190419233002j:image

上記写真をみればEU圏内に住んでいれば、入国検査が簡易になるようでした。

 

私たちは、無事に入国審査を終えロンドンへ向かうこととしました。

 

まとめ

 

初めて海外旅行の方や英語を話すことに自信がない方はブログを読むことで少しでも不安を解消できればと思います。次回は、ヒースロー空港からロンドン市内までの行き方についてです。空港から市内まで旅行会社のバス等を利用される方もいますが少しでも旅費を押さえたい方にお勧めの方法です。良ければ次回のブログも読んでみてください

ね。