心臓リハビリテーション指導士兼看護師の「もやもや解消」

心臓リハビリテーション指導士、心リハ指導士の試験対策や過去問、講習会や参考本、勉強方法について記載しています。また、看護師として臨床で抱いた疑問や知識を新人さんにも分かりやすく記載しています。SEO対策を施しておらず、検索上位に表示されないため私の記事が気に入ればブックマークをお願いします。

【循環器】NYHA分類を知るものは、心不全を制する。【心臓リハビリテーション指導士試験対策】

こんにちは、心臓リハビリテーションのdale cannonです。こちらのページは、新人看護師師さんや学生さん、心臓リハビリテーション指導士試験問題対策で記載しています。

循環器内科や心臓血管外科、ICUに配属されているみなさんは、NYHA分類はご存じでしょうか?また、看護学生の方もレポートを記載する際にNYHA分類をレポート内に入れることは必至となりますよ!このページでは、問題を出題しのちに解説を記載しています。

前回の一問一答は、

www.xn--xck3a0aq6hnc9eydz514duksd.tokyo

 今回は、NYHA分類を制するものは、心不全を制するです。

 

 問題①:10年前から慢性心不全で通院加療のTさん。最近、坂道を上る際に動悸、息切れが出てきており休憩をしつつ病院へ通院しています。TさんのNYHA分類は、以下のうちどれでしょう?

①NYHAⅠ度、②NYHAⅡ度、③NYHAⅢ度、④NYHAⅣ度、⑤NYHAⅤ度

 

問題②3年前からDCMを指摘されているCさん。普段の生活は難なく過ごすことができています。AさんのNYHA分類は、以下のうちどれでしょう?

①NYHAⅠ度、②NYHAⅡ度、③NYHAⅢ度、④NYHAⅣ度、⑤NYHAⅤ度

 

問題③:3年前からDCMを指摘されていたAさん。最近、平坦な道でも呼吸苦を自覚するようになってきました。TさんのNYHA分類は、以下のうちどれでしょう?

①NYHAⅠ度、②NYHAⅡ度、③NYHAⅢ度、④NYHAⅣ度、⑤NYHAⅤ度

 

問題④:安静時に呼吸困難を訴えるようになってきたZさん。夜間は、臥床で眠ることができなくなってきました。下肢浮腫も認めます。ZさんNYHA分類は、以下のうちどれでしょう?

①NYHAⅠ度、②NYHAⅡ度、③NYHAⅢ度、④NYHAⅣ度、⑤NYHAⅤ度

スポンサー 

 

解答 NYHA分類

問題①NYHAⅡ度

問題②NYHAⅠ度

問題③NYHAⅡ度

問題④NYHAⅣ度

 

解説

NYHA分類とは、New york heart associationが作った指標です。心不全の症状を診断し、分類に当てはめることとなります。Forrester分類に似ているかもしれませんね。Forrester分類については、後日記載していきます。

NYHA分類の読み方は?

ニーハと読みます

NYHA分類の診断は、Ⅰ~Ⅳ度

NYHAⅠ
心疾患はあるが、通常の身体活動では症状なし
NYHAⅡ
普通の身体活動疲労、呼吸困難などが出現
坂道で呼吸苦など
NYHAⅢ
普通以下の身体活動で呼吸困難など
平坦な道などで呼吸苦
NYHAⅣ
安静時にも呼吸苦

 

NYHA分類に基づいた薬剤の投与は?

éç度ã«ããè¬ç©ã®é¸æ

 出典:日本循環器学会 慢性心不全治療ガイドライン

NYHA分類の覚え方は?

先輩看護師からこの人のNYHA分類って何度?って聞かれることがあるかと思います。

また、心臓リハビリテーション指導士試験でもNYHAⅢ度について講習会で説明がありました。

要するにNYHAⅡ、Ⅲ度の違いだけを理解しておけばよいです!

NYHAⅡ度=坂道で症状あり NYHAⅢ度=平坦な道で症状あり

NYHAⅠ度=心疾患指摘あり

NYHA Ⅳ度=安静時も症状あり

と、余裕で覚えることができるとおもいます

まとめ

心臓リハビリテーション指導士試験で問われるのは、NYHAⅢ、Ⅳ度の違いぐらいではないでしょうか?新米ナースさんや学生さんは、レポートを記載する時にはNYHA分類を記載しておきましょうね。