おしどり夫婦T&A

そこら辺にいる医療者×投資×読書×早起き×ブログ大好き人間

株式市場の動向と注目ポイント 2024年6月13日

おはようございます。蒸し暑い。今年もカメムシが大量発生する情報があら。アース製薬あたり物色されているのか。

息子の夜泣き
もう少しで1才ですが、日中の刺激量と夜中の関係性があるのでしょう?


⭕️ダウ平均株価:38712.21ドル(前日比‐35.21ドル)

FOMCでは政策金利予測が引き上げ、年内1回利下げ予想も米金利低下でハイテク株が強含みか。

朝方発表された米CPIは前年比3.3%上昇と市場予想(3.4%上昇)を下回ったことで、午前は買いが優勢。午後に入ると米FOMCの結果を受けて、利下げ開始を慎重に判断するとの見方が広がりダウはマイナスに転じた。

FOMCでは年内の政策金利予測の中央値が5.1%とされ、3月予測(4.6%)から引き上げ
年内利下げは1回程度になるとの見方が強まっており、これが懸念視
半導体株が買われたことで上昇しているため、過度な警戒感は和らいでいる

■日経平均先物(6月限):38905円
明日、
日銀の金融政策決定会合を控えており、金融緩和策からの転換を進めるための国債の買い入れを減額する方法や時期について議論される見通し。内容を見極めたいとの思惑が強く、買い一巡後は様子見ムードが強まることになりそうです。