おしどり夫婦T&A

心リハ指導士試験の情報や補助人工心臓管理技術認定士資格合格について詳しく記載しています。私生活では、子育て、資産運用、旅、コストコの有益な情報を公開しています。

【投資】一人の力で日経平均を動かせる男の投資学

こんにちは!T&Aです。

本日は、【一人の力で日経平均を動かせる男の投資学】を読んでみました。

 

  

この本を手に取った理由

①投資の方法に悩みを抱いている

②タイトルに引かれた

③何か私の投資に活かせることはないか?

以上3点となります。

 

どういった本なのか?

筆者の紹介

CISと言う名でデイトレードをしている方

総資産230億!!

トテツモナイ。230億を運用するため、シスのトレードにより日経が動くこともある。

そのため、本のタイトルに用いれられている。

 

読んだ感想

純粋にCIS(シス)の成功体験談、経験談であること

ここから【何を得られるか】は、読者の読み方次第である。

やはり、CIS(シス)がどう考え、行動し、どう勝ったかが網羅されており、CIS(シス)の人間性が本に描かれていた。

 

CIS(シス)の投資法

CIS(シス)は、基本的に順張りである。

上がる株は上がる、下がる株は下がる

マーケットの潮目に逆割らずに買う

潮目の変わり目をいち早くキャッチしよう。

CIS(シス)は、順バリ一点&長期足に逆わらわない投資法である。

 

一般人は、過去の高値安値の水平ラインを引き、今は高値更新しチャートは、上がっている。しかし、いずれ反転するはず!と考え、自分が描いたチャートのイメージに現実を当てはめようとしているだけである。

 

永遠に上がり続ける株なんてないからいずれ下がると考えがち。

上昇相場の場合に、一度下がるところで、押し目買いをするのである。

一般人は、確実に止まるポイント、上がるポイントを意識しすぎている。

その理由は、損をしたくない!!という真相心理を抱いているからである。

上がっているときはあがる!

 

CIS(シス)の利益確定方法は?

押し目2回で売る【利益確定】!!

押し目買いはやってはいけない。

下がったところで買おうとするのは、逆張りの一種である。シスは、逆バリはしない。

押し目買いする人の特徴は、買い時を逃してしまったのではないか?いずれバランスがとれるという発想である。『相場のことは相場に聞け』

 

たったいま下がった株は、そこから反転して上昇するよりも、さらに下げることの方が多い、

上がった株は、反転して下がるより、さらに上昇を、続ける可能性の方が高い

勝率ではなく、トータル損益で勝っているか?

 

CIS(シス)の勝率は?

銘柄それぞれの勝敗を考えるなら、利益になる取引は三割。

他はトントンちょい負け、勝つときはどかん!

損をしないことではなく、大きな損をしないこと。大怪我だけは、しないように。損切り上手である。

 

相場とはリターンを求めてリスクを取る行為。

リスクは絶対にある

リスク恐怖症の人は、相場には向かない。

勝つためには行動を起こす早さも問われる。

シンプルでも身銭を切ってやるのは難しい。

多くの人は、安く買って、高く売る。という発想でいるから、高いときには買いたくないと思ってしまう。

なにと比較して高いのか?過去との比較している人が多い、

下がっているときは、過去と比較して安いからお買い得と思ってしまう。

適正価格は本質的に存在しない。買った値段より高く売れば儲かる。

過去と比較して考えない方がよい。

 

シスが負けたときはいつ?

シスは、財務分析をし、割安な株を探して買った。割安→評価が追い付けば儲かるだろうという考え方であった。いわゆる、ファンダメンタル投資をしていたのだ。

結果

割安だという判断が主観に過ぎなかった。

割安かどうかは、みんな知っている。実際には、株価はそれを踏まえた上の株価

株価こそが答えぇあり、世の中の相違である。

 

シスは、いつから勝ち始めたか?

勝ち始めたときは、年金やファンドの買いに乗っかり、いちばん買われているであろう小型株を買う方法だったそうだ。

自分の状態よりもマーケットに合わせるしかない。

個人投資家は、資金面も多くないため、マーケットや機関投資家、ファンドに乗っかる投資法の方が勝ちやすい。

シスは、配当狙いの投資法はするのか?

配当狙いは興味ない。儲からないから。

理由は、明日の株価もわからないで悩んでいるのに、半年後とか1年後、さらに10年後の株価なんえ予測できるわけがないという考え方である。

今ある優位性に張るのは、長期の展望よりは確実なこと。

資金を増やすためにはどうしたらよいのか?

資産が少ないのでIPOで資産を増やそう。

 

まとめ

シスの今の投資法になった彼の経験談である。上がるときはあがる。天井なんて考えても個人投資家には予測できない。予測するなら、投資しよう。下がるときは下がる。押し目買いは所謂逆バリである。本当にそこで反発するのか?

 

継続してチャートを見ることで相場感を養うことが必要なのかもしれない。

投資法を確立させ、資産運用をしていきたい。